ハンググライダー
ハーネス
・Matrix
アクセサリー
MATRIX マトリックス

ゲロルフやクレッグなどのモイスチームによって開発された「マトリックスレース」「マトリックス」「マトリックスXC」はコンペシーンからの技術をふんだんに盛り込んでいます。

マトリックスハーネスはポケットや余計なチャックをなくすなど、クリーンで最小限の抵抗にとどめています。ハーネスを覆う外側の生地は縫い目を最小限にし、肩からつま先までシンメトリーのテーパーで包み込み、比類なき完成度に仕上がっています。カーボンバックプレートは大きく体を支えることにより、パイロットの快適性を確保しています。

パイロットのフライト中の角度調節はカラビナにつながるメインサスペンションラインを通し、前後のバックプレートを結んでいるロープによって簡単に変更できます。この変更はパイロットの背中をアーチ状に反らせるだけで、ロックがはずれ調節ができます。この調節は素早く簡単で、以前のハーネスのように手をベースバーから離さなくても大丈夫です。

ランディングに備えて上体を起こす時には、バックプレートに内蔵してあるCGスライダーがオートマチックに動くことにより、パイロットのスタンドアップ姿勢を容易にしています。

カーボンバックプレートはハニカムを内蔵し、熱処理を加え、軽量でとても丈夫にできています。

どのサイズのパラシュートも半分ハーネスに埋め込まれたコンテナに収納できます。パラシュートの外壁は今までのハーネスのように生地を重ね合わせるのではなく、ジッパーを使用しユニークな仕掛けで閉じられています。このことは大きな開口部を持ちながらも、通常はクリーンで美しいシェイプを作り出しています。パラシュートブライダルコードは首や肩から離し、カラビナや背中に内蔵された丈夫なアタッチメントに取り付けます。

ハーネス内部は広大な収納スペースが常備されています。フライト中カメラや無線機が使用できるよう、パラシュートと反対側には小物入れが装備されています。デザイン、使い勝手などは世界を戦い抜いているモイスチームの考えが反映されているのです。言うまでもないですが、レッグループはメインサスペンションを通してあり、安全は最優先です。

フロントバックルはお腹の部分は内臓に、胸の部分は外側ですが、外側の生地に覆われていてフライト中はほとんどクリーンに仕上がっています。また外側の生地は丈夫なデュポン社のコーデュラが採用され、メインボディは4色からストライプカラーは7色からお選びいただけます。







マトリックスにはスポーツタイプの「マトリックスXC」のラインアップもございます。 マトリックスXCはマトリックスシリーズと同じくカーボンバックプレートを採用し流線型の美しさを残しつつも、コンペパイロット以外にもたやすく使用できるようデザインされています。足の疲労を抑える為大きなフットスペースを確保し、「尻尾」部分にマトリックと同じく誘導抵抗を抑えるべく流線型のテーパーを備えています。




●マトリックスハーネス 注文書 (PDF)


▲top
   Windsports co,ltd